故人に合わせて葬儀を行なう|様々な葬儀の形

葬儀

最後まで自分らしく

葬儀

新しい形も

最後まで自分らしく逝きたいという想いから、本人の意志を反映したさまざまな新しい葬儀の形が生まれています。葬儀というと暗く悲しいイメージがありましたが、明るく送ってほしいというニーズも出てきているのです。そんな葬儀では、これまでの慣習にとらわれないスタイルで、故人を偲んでいます。祭壇の花は白が基調でしたがカラフルな祭壇も出てきています。会場の内装も鮮やかで、故人が愛したパステルカラーのバラが飾られたりということもあります。葬儀を専門に扱う会社では、そんな今時の葬儀スタイルにも対応し、故人の希望を叶えてくれます。ピアノ伴奏では、ポップなアレンジも可能ですし、予算に応じて葬儀をプロデュースしてくれます。

セミナーも開催

葬儀会社では、相続や終活のセミナーも開催しています。相続セミナーには税理士やコンサルタントを講師に迎え、相談もできるようになっています。終活セミナーでは、身の回りの整理の仕方や遺言書の書き方、生前葬の紹介など、多岐に渡って専門家がレクチャーします。事前登録すれば、無料で受講できる葬儀会社もありますので、お得です。参加者からは、疑問が解消できて安心につながった、という喜びの声が届いています。定期的に葬儀の事前相談や見学会を実施しているところもあり、予約しなくても当日受け付けOKの会社もあります。前もって準備が出来るので、夫婦で参加する人も多いです。独り暮らしの方は、お友達と連れ添って参加する傾向にあります。

思い出の整理と不用品回収

レディ

急な葬儀や遺品整理、残された遺族にはやるべき作業が膨大に待っています。その負担を軽減するために活用したいのが西宮の遺品整理専門業者です。思い出の品だけを手元に残し、残りは賢く処分していく、この作業を手っ取り早く、安く済ませるには専門スタッフの活用がベストとなってくるのです。

詳細へ

葬儀の形式

葬式

家族葬は、費用や参列者のことを気にせず故人を偲ぶことができ、遺族への負担が少ない葬儀として人気があります。しかし、後から親戚などとトラブルになってしまうこともあるので、事前の報告や式後に手紙を出すことを忘れないようにしましょう。

詳細へ

購入を検討しませんか

お仏壇

昔と違い、最近は、モダンなデザインであり、小さいな家でも置けるような仏壇が多く販売されています。仏壇というのは、日常生活の中に普通に存在するものです。だからこそリビングに置いて、いつでも手を合わす事が出来るようにすることが大切です。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

詳細へ