葬儀の形式|故人に合わせて葬儀を行なう|様々な葬儀の形

故人に合わせて葬儀を行なう|様々な葬儀の形

合掌

葬儀の形式

葬式

最近では核家族化が進んで親戚との付き合いも少なくなってしまったことから、身内が亡くなったときに家族葬を行うケースが増えているようです。一般的な家族葬は、親戚や仕事関係の人を呼ばずに家族だけで行われる葬儀で、稀に故人と親しかった人が参加する場合もあるようです。一般の葬儀では多くの人が集まるので、それだけ葬儀の規模も大きくなって費用もかかってしまいます。しかし、家族葬では葬儀内容が簡素化されていることから、費用を抑えることができて遺族の金銭的負担を減らせるのです。また、参列者や食事の心配をする必要がなく、周りを気にせずに故人を偲ぶことができます。宗教的な問題などでこの方法を選択できないケースもありますが、家族葬にはこのようなメリットがあるのです。

家族への負担が少なく、アットホームな雰囲気で行われる家族葬は、現代の日本を象徴する葬儀の形かもしれません。しかし、たとえ故人や家族が希望していたとしても、親戚の中には不満をもったり反対したりする人がいるかもしれません。家族葬が一般的に知られるようになったとはいえ、昔ながらの葬儀を大事に考える人は多いのです。このような場合は、親戚や知人にしっかりと説明して、後からトラブルにならないように配慮することが大切になります。「参列者が少ないから」「故人が望んでいたから」といった理由を丁寧に話せば、相手の理解も得られやすくなります。また、仕事関係で付き合いがあった人や友人にも事前に報告したり、家族葬後に手紙を送ったりするとよいでしょう。